フォト

カテゴリー

作品展&イベント案内

« ロシアの旅 その② | トップページ | 3月の教室スケジュール »

2018年2月24日 (土)

エルミタージュ美術館inロシア その③

      

一昨日深夜12時過ぎ
やっと帰宅の途に

西からの帰国便は地球の自転にそう(?)ので
数時間早く日本に着きます

 

(その①②は現地ホテルで慌てて投稿

地名など間違いがありましたが

訂正してますので・・・)


ロシアの旅、といっても
サンクトペテルブルクだけの短い旅行ですが

よろしければ極寒ロシアをご覧ください

旅行の最大の訪問先は
エルミタージュ美術館

エルミタージュはフランス語で
隠れ家、のような意味です

女帝エカテリーナ二世をはじめ
ロシア皇帝の宮殿だったこともあり

素晴らしい建物、館内の装飾
日本にも昨年来てましたが

建物を見るだけても価値ありです

この日はマイナス14度ながらも
太陽が出てます

綺麗な色のエルミタージュ美術館

 


入って直ぐの大使の階段

 

 

 




(公式HPより一部拝借)
ロシア革命後にモスクワへ首都機能が移るまでの約200年間、
帝政ロシアの都として栄えたこの街で、ひときわ優雅で壮麗な姿を誇るのが、
エルミタージュ美術館です。

歴代皇帝の宮殿からなる建物は、
100年以上をかけて次々に建設され、
サンクトペテルブルクの象徴ともいえる
今の姿になりました。

1764年にエカテリーナ2世から、
歴代皇帝が国家の威信をかけて
収集した美術品、

個人蒐集家のコレクションまで、
エルミタージュ美術館の所蔵品は
およそ310万点。

1日では見切れず
ゴールデンコースを現地のガイドさんが
解説案内して下さいました

日本語で(へへ

展示は世界各国の芸術品があり
戦利品ではなくちゃんと買い集めたそうで、
それは素晴らしい事です

有名なダヴィンチの
「ブノワの聖母」や他にも一点




ラファエロや
ミケランジェロの「うずくまる少年」


などなど
たっくさん

でも私の目を引くのは

 

これはモザイクだったかなー

フォークアート=トールペイントに通ずるものが



壁の絵だったり



天井画だったり
綺麗な配色



 

 

 

 

まだまだたくさん撮りましたが

この辺で

 

エジプトエリアには
ミイラも展示されてましたが
画像はやめておきますね

略奪じゃなく
ちゃんと購入したそうですよ



午後からは向かいにある
別館へ

2015年だったか一部をこちらに移されたとか



またコートを着て移動ね

 

本館は凄い混みよう

別館は空いてました

でも凄い作家の作品多数ですよ

 

長くなったので次回に

 

 

« ロシアの旅 その② | トップページ | 3月の教室スケジュール »

㉗ ロシア:サンクトペテルブルク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エルミタージュ美術館inロシア その③:

« ロシアの旅 その② | トップページ | 3月の教室スケジュール »

無料ブログはココログ
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31