フォト

カテゴリー

作品展&イベント案内

㉗ ロシア:サンクトペテルブルク

2018年3月 1日 (木)

エカテリーナ宮殿inロシア その⑤ &帰国後のイライラ

 
旅行記もその⑤、になってしまいました

最後の日はサンクトペテルブルクから
観光バスで30分位

25キロ南にある
エカテリーナ宮殿へ

太陽は出てましたが寒いよー

 



エカテリーナ1世の為に建てられた宮殿
涼やかな青のロシアバロック様式の建築です

装飾の見事さに感嘆
豪華です


もちろん世界遺産に登録されてますが
一般人も部屋を使えるそうです

おいくらかしら、ね

パーティーなどで使われるそうですよ

 


インテリアの違う部屋がどんどん
続きます

 

 




当時は
エカテリーナの部屋だったり

それぞれこだわりのある装飾

 

 

 

 

召使いの部屋も綺麗でした
どれか忘れましたが


 

 

子供たちが見学に

 


そうそう、開場と同時に
凄い観光案内で入り口はごった返し

ガイドさんのはからいで
グループ20人は先に入れてもらいました



その素敵なマダムガイドさん
毛皮がとってもお似合い




午後からはまたバスで移動
木造建築の教会
ポクロフスカヤ教会へ




その日の夜の便で帰国の途に
乗り換えする早朝の
カタールが見えてきました

 

向こうに見えるはペルシャ湾?

流石 電気いっぱいついてます




旅行記にお付き合いありがとうございました
時差ボケもなく

元気にまたレッスンしています

 

今回も夫と二人で参加総勢20人のツアーでした

 

バスに乗っていたら連れて行ってくれるし

楽チンだしとても満足な旅でした

 

食事も全込み

だからか

旅行中は不思議と夫にイラっとしないんです

 

で、帰って来た途端

イライラするのは・・・家事があるせいだ、と

勝手に分析(へへ

 

でも今後も夫婦でもいいから

あちこち出掛けたいです~

 

でないと夫源病に・・・・・

2018年2月28日 (水)

エルミタージュ美術館 別館 inロシア その④

ロシア旅行の続きです

広い広場向かいに
エルミタージュ美術館別館があります

 

うわー凄い格好

(撮るの下手くそな夫・・・)
後ろの建物を見てね

 




建物は素晴らしいですが
館内は本館と違ってモダンです

展示されている絵は
ゴーギャン


ルノアール
ゴッホ
モネ

充実した印象派のコレクション

もっともっとありました


セザンヌ
ドゥガ
ピカソ
マティス


などなど、そうそうたる画家
しかもそれぞれ半端ない数

こんな沢山の名画を収集した
ロマノフ王朝の権力と富が
いかに凄かったか、ですね





夕食はボルシチ
この赤いビーツ(赤かぶ)のスープがそれでした
しらなかったー、美味しかったです




それにピロシキも

私は初めて食べました
メインはポークソテーがでました

 

翌日は
エカテリーナ宮殿へ行きます

またまた素晴らしいです

見に来てくださいね

 

2018年2月24日 (土)

エルミタージュ美術館inロシア その③

      

一昨日深夜12時過ぎ
やっと帰宅の途に

西からの帰国便は地球の自転にそう(?)ので
数時間早く日本に着きます

 

(その①②は現地ホテルで慌てて投稿

地名など間違いがありましたが

訂正してますので・・・)


ロシアの旅、といっても
サンクトペテルブルクだけの短い旅行ですが

よろしければ極寒ロシアをご覧ください

旅行の最大の訪問先は
エルミタージュ美術館

エルミタージュはフランス語で
隠れ家、のような意味です

女帝エカテリーナ二世をはじめ
ロシア皇帝の宮殿だったこともあり

素晴らしい建物、館内の装飾
日本にも昨年来てましたが

建物を見るだけても価値ありです

この日はマイナス14度ながらも
太陽が出てます

綺麗な色のエルミタージュ美術館

 


入って直ぐの大使の階段

 

 

 




(公式HPより一部拝借)
ロシア革命後にモスクワへ首都機能が移るまでの約200年間、
帝政ロシアの都として栄えたこの街で、ひときわ優雅で壮麗な姿を誇るのが、
エルミタージュ美術館です。

歴代皇帝の宮殿からなる建物は、
100年以上をかけて次々に建設され、
サンクトペテルブルクの象徴ともいえる
今の姿になりました。

1764年にエカテリーナ2世から、
歴代皇帝が国家の威信をかけて
収集した美術品、

個人蒐集家のコレクションまで、
エルミタージュ美術館の所蔵品は
およそ310万点。

1日では見切れず
ゴールデンコースを現地のガイドさんが
解説案内して下さいました

日本語で(へへ

展示は世界各国の芸術品があり
戦利品ではなくちゃんと買い集めたそうで、
それは素晴らしい事です

有名なダヴィンチの
「ブノワの聖母」や他にも一点




ラファエロや
ミケランジェロの「うずくまる少年」


などなど
たっくさん

でも私の目を引くのは

 

これはモザイクだったかなー

フォークアート=トールペイントに通ずるものが



壁の絵だったり



天井画だったり
綺麗な配色



 

 

 

 

まだまだたくさん撮りましたが

この辺で

 

エジプトエリアには
ミイラも展示されてましたが
画像はやめておきますね

略奪じゃなく
ちゃんと購入したそうですよ



午後からは向かいにある
別館へ

2015年だったか一部をこちらに移されたとか



またコートを着て移動ね

 

本館は凄い混みよう

別館は空いてました

でも凄い作家の作品多数ですよ

 

長くなったので次回に

 

 

ロシアの旅 その②

      
      サンクトペテルブルクはモスクワの北
700キロにあり
フィンランドが直ぐ北に、という位置にあります
海と運河のある芸術の都です
市内には
重厚かつ壮麗な建築が建ち並んでいます
アレクサンドル三世が建てたモザイク装飾の
「血の上の救世主教会」
ヨーロッパとは、ちょっと違う雰囲気
ペインターなら見逃せない
モザイク模様や
花の図案
大理石、本物
市内の運河の、川は真っ白
デカブリスト広場に立つ
ピュートル大帝像

ロシア サンクトペテルブルクに来ています、その①

この寒い時期に
凄く寒いロシアほサンクトペテルブルクに
行ってきました
以前はレニングラードといってました
戦時の映画「スターリングラード」
位の知識しかありませんてしたが
そうそう来れる所では無いだろうと
ツアーに参加
深夜羽田をたって
まずはアラブの国カタールの
ドーハでトランジット
立派な新しい空港
でも乗り継ぎ時間が短く
素通りで
ロシア、サンクトペテルブルクへ
スペルは
セント ピーターバーグ、なんですね
どんより真っ白
ロシア第2の都市
ですがこじんまりした空港です
搭乗していたカタール航空のクルー
エミレーツ航空で
ドバイに何度か行ったので
なんか親しみが…
合計18時間のフライトで
そのままバスで市内観光と
スーパーマーケットを下見
流石お酒コーナーが圧巻
広い国土で、GDP*は韓国より下らしいけれど
スーパーの食料は結構充実してる、
ど思いました
ちょっとオーストラリアのスーパーみたい
このあと
市内の教会、はまた次回に
長旅で、早く寝ないとね
また覗きに来てください

その他のカテゴリー

A)教室スケジュール ① フレンチメゾンデコール~カルトナージュ ①・・・カルトナージュ茶箱 ①・・・フレンチメゾンデコール体験レッスン ①・・・日本ヴォーグ社フレンチメゾンデコール ②カルチャー講座 ②縫わないツイードバッグレッスン ③ トールペイント(その他) ③・・・マルチローディング ④・・・くまがいなおみのデコラクレイジュ ④・・・トールペイントのワンポイント ④・・・トールペイント・ワンポイント ④・・・古屋加江子ペイント ④・・・川島詠子ペイント塾など ④・・・沖昭子ペイント ⑦ ポーセラーツ&ポーセリンアート ⑦・・・ポーセラーツ・スキルアップ講座 ⑧ 白磁ペイント(ポーセリン) ⑩ 手作り系 ⑪ 針仕事系 ⑭ 高知プチ出張 ⑮ ゴルフ・スポーツ ⑯ 花 in my garden ⑰ イベント ⑱ 初めに その他クラフトレッスン アロマストーン カルチャー講座 カルトナージュ体験レッスン グルメ・クッキング スタンプ・コラージュ フレンチメゾンデコール プラチナ・ミセス祭 ペット ワークショップ ㉒ フランス旅行 ㉒お出かけ ㉒トラベル ㉒ドバイ・ハワイ滞在記 ㉒中欧ヨーロッパ5ヶ国の旅 ㉗ ロシア:サンクトペテルブルク 教室の様子 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 縫わない小物 美しい刺激? 美的収納レッスン 青柳啓子さん 韓国旅行

無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30