フォト

作品展&イベント案内

㉒中欧ヨーロッパ5ヶ国の旅

2012年1月 6日 (金)

ハンガリーのブダペストで最後でした

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイントへ
にほんブログ村





長々お付き合いいただいた旅行記も最後です、

これまた長いです・・・お時間あれば見てやってください

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最終日、「ドナウの真珠」と讃えられる美しい街ブダペストの一日です、

ドナウ川が中央を流れ歴史的建造物が多い西岸をブダ、

近代的街並みの東岸をぺシュト、昔は分かれていたのが一緒になって

ブダぺシュト(が正式名とか)になったそうです。

冬はだいたいお天気が悪くその日も2~3度の気温、さむ!

Photo_10

「国会議事堂」「くさり橋」を見ながら

「漁夫の砦」upに登ります。(バスで)

変わった名前の由来はかつてあった漁師組合が

王宮の丘の市場を守っていたからだそうです。

440

向こうにドナウ川が見えます。
443

Photo_15

すぐ裏に「マーチャーシュ教会」がありここは中も見学

だいたいどの建物もロマネスクからゴシック様式と

歴史や支配によって建て替わっていってるみたいです。

ここは東方を感じられるモザイク模様。

Photo_11

現地のガイドさんが詳しく説明してくれて写真もOKですが

教会内は暗くて・・・が、これ二階に展示されていた当時の布

というか儀式に使われていたもので本物の金糸刺繍、

なのですごく重いんだとか、模様の美しいことshine

Photo_9

現地のガイドさん、ご主人が日本人とかでダジャレの連発、

ウィーンからずっとバスを運転一緒だった真面目なドライバーさん

H交通社の添乗員さん、スキンヘッドながらキャップをかぶると

「ヒロシです~」に似てる~catface

その後、教会近くにあるお決まりお土産店コースへ

でもどこも行く時間ないので皆ここでたくさんお買いもの

Photo_20

伝統的なハンガリー刺繍、色鮮やかです。

でも観光客相手かさほどお安くはなかったわ。

バスで市内に移動、数十分の自由行動

またまた広場でクリスマスマーケット、

どれもディスプレイがお洒落です~

Photo_17

Photo_16

食べ物が多かったかな、

クッキー屋さんに飾られていたハンガリー刺繍、

498

昼食後はオプショナルツアーの「ドナウベントの美しい街観光」へ

バスで1時間くらい、途中の街並み景色も興味深いです。

車の「SUZUKI」の工場がありました。

Photo_14

ドナウ川が直角に曲がる辺りを「ドナウベント」と言い、

そこにある街「センテンドレ」、途中丘の上の教会に寄って街へ。

もう薄暗いです、やはりクリスマスマーケットとお土産やさん

Photo_18

「ヘレンド」もありました。市内では行く時間もなかったのに

こんなとこにあるなんて、写真だけでも・・・

Xmasu

滞在一時間もないくらいでバスでブダペストに戻り

皆で最後の夕食、ワインセラーのある穴倉レストランでした

でもハンガリーのワイン、美味しかった~

Photo_7

忙しい最後の夜、

オプションのナイトクルーズに、さむいよ~

でも昼間見た「くさり橋」が美しい、ライトアップが鎖のようだからくさり橋だとか。

ナイトクルーズは添乗員さん超お勧めで、セーヌ河より綺麗、と聞いて。

606

確かにライトアップが素晴らしいし、建物が素晴らしいわ

これは昼間みた「国会議事堂」黄金に輝いてる~

622

甲板で見ていたわたくしたち・・・down

恥ずかしながら、カイロも持ってのこのいでたち、

約一時間のクルーズシャンペン付き、最後の夜を乾~杯shine

Photo_12

帰国の朝、またウィーンの空港に戻りお昼の飛行機で帰国、

お世話になった「耳太郎」を返却

これを付けてガイドさん添乗員さんの声を聞けます、凄く便利。

オーストリア航空のCAさんはストッキングも真っ赤!超目立ちます。

Photo_19

長いようであっと言う間の8日間、約600枚も写メッテましたbearing

その中から選ぶのが大変な作業でしたが

なんとか最後までやり遂げて、いろんな意味で復習になりました。

結構記憶ってすぐ無くなるもんですからねcoldsweats01

長いこと見てくださって本当にありがとうございました。

ま、割り切れば無駄のないツアーもなかなかいいもんです、

が今度は自力でいっぱい無駄しながら旅したいかなsmile

チェコの首都ブラチスラヴァへ

昨年の続き中東欧ヨーロッパの旅終盤です

チェコのプラハからハンガリーに行く途中バスで5時間

スロバキアの首都ブラチスラヴァに寄りました。

(ブラチスラヴァという都市は知らなかった・・・まして首都だなんてsweat02

曇って凄く寒いせいか、とっても寒々した印象でしたが

ドナウ川に面していて美しい街並みが保存されています。


346

まずランチタイム、魚料理、ここでもじゃがいもとデザートは欠かしません。

Photo

ここでは現地のガイドさん

黒い帽子をかぶった女性、日本語堪能ながら

一度も日本に行ったことなくて大学で習得されたそうです。
359


363

ガイドさん先頭にぞろぞろ街を歩いてdash

364

建物、装飾がどれも美しい

私好みなお家down旧市街にあったのでかなり古い
373

旧市街、ここでもクリスマスマーケット

夜には賑わうはず、それにしても寒かった

因みにこれは姉ですcoldsweats01
382

ずっと見えてたブラチスラヴァ城に到着

ドナウ川のほとりの丘の上に建ってます

12世紀に建てられるも18世紀にはマリア・テレジアの居城となったそうです。

現在は博物館、最近白く塗り替えされたらしくちょっと新しすぎる外観でした。

城内には入らず、隣のお土産ショップで売っていたペイント陶器

384_5
Photo_2


ここでガイドさんと別れて再びバスでハンガリーブダペストへ

道路事情の悪い(ドライブマナー、道路)ブダペストでしたが

レストランでは生演奏つき、スープが必ず最初にでて・・・ロールキャベツ

デザートのアイスが美味しかったわcoldsweats01

Photo_6

ホテルはこのツアーの売り「ラマダ プラザ」☆4つ?だか5つだか・・・

(でもたいしたことなかったかな~プラハのホテルの方が私好み)

Page

これで5日目の夜in 「ドナウの真珠」ブダペスト。

一旦切って次回ブダ観光が最後となります、やれやれですね

お付き合いありがとうございますcoldsweats01

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポーセラーツへ
にほんブログ村

2012年1月 3日 (火)

プラハのクリスマスマーケット&ドイツ・ドレスデン

一服してまた続きですcoldsweats01

中東欧ヨーロッパ、ご興味のある方はお付き合いくださると嬉しいです

プラハの夜のクリスマスマーケット

これが旅行中一番盛大でした

でも盛大過ぎて、お店も覗けないほどの人人

Photo_13

Cats

Photo_2

もう人がいっぱいで渋谷ハチ公前広場のよう

ツリーもキレイだったしステージも組まれてて

でも自由時間もあっと言う間、たいした買い物もできず集合時間にsweat01

市街からまたバスで移動、2都市目のホテルは

Cats_2

「ホテルクラウンプラザ」アンティークな雰囲気でとっても良かったわ

Cats_3

朝食も素敵なテーブルで、バイキングですが・・・

毎朝姉とお腹いっぱい食べてましたdelicious

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

翌日4日目、11月28日はドイツのドレスデンへ4時間かけて

日帰りバスツアーbusdash

お昼に到着、まずはランチ、やはりソーセージとビール

ビヤガーデンのレストランで、ジャガイモは主食のドイツ

Photo_14

レストラン前の通りですが

整然と清潔感があり流石ドイツの街って感じがしました。

317_6

マイセンとならび陶磁器で有名なドレスデン

他と同じく第二次大戦で破壊されるも東西統一後復旧がされ

今では昔のままの壮大な建物が

音楽祭会場、マルクト広場(だったかな~)

317_2

Photo_16

ツヴィンガ-宮殿、現在は美術博物館になってるのですが

あいにく休館日で陶磁器コレクションを見る事ができませんでした

マイセンや中国、古い日本の陶磁器がたくさん「あるとか。

Photo
上右は有名な城壁に描かれた「君主の行進」up

とにかくエルベ川沿いの美しい街。

ここでもクリスマスマーケットが賑わってました。

うす暗くなる前にドレスデンを後にして再びプラハへ

夕食はチキン料理、途中立ち寄ったTOTO休憩のGS

ここでも見かける「モーツアルトのチョコやお菓子」
2

と言うことで2泊目通算4日目の夜をプラハで

次は最終滞在先「ハンガリーのブダぺシュト」ですdash

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポーセラーツへ
にほんブログ村

2012年1月 2日 (月)

プラハ城~カレル橋へ

新年早々ですが・・・

フレッシュじゃない昨年11月末の旅行記を続けさせて頂きますcoldsweats01

11月27日旅行3日目ウィーンからバスで5時間チェコのプラハへbus

途中の景色、ドラゴンは免税店兼休憩所、以前は国境越えがありましたから

現在はフリーパスです、プラハの街に入ってきたのが右下~美しい・・

Photo

車中、東欧ヨーロッパの歴史など話を、

第二次大戦後はチェコスロバキア社会主義共和国となりましたが

私たちの時代は学校ではそう習いました・・・よね

ベルリンの壁崩壊後、1993年にスロバキアと別れ、

2004年にEUに加盟、なので通貨はユーロです。

昼食の「グヤーシュ」(煮込み料理)白いのは蒸しパンのようなパン

Photo_4

団体観光客いっぱいのレストランでしたがsweat01

美しい修道院跡や向こうにはプラハ城が・・・

スクロールやアイアン飾りに目が釘付け
Photo_5

ランチ後はプラハ城へ、場内の聖ヴィート大聖堂

敷地内には大統領公邸もあります。
Photo_6
聖堂正面の窓、表と裏down

Photo_2

Photo_7

近衛兵の交代行進が、皆なぜかかっこいいわ~

それでもイケメン度は近年落ちてる、とガイドさん(日本人)

214
カレル橋をめざし、丘を歩いて下ります

Photo_12

途中の街並みは歴史を感じる美しさ・・・
Photo_9

Photo_8

そしてヴルタヴァ川にかかる有名な「カレル橋」に到着、

歩行者天国のような人ごみ、

ヨーロッパ各地からの観光客も多いそうですよ。

とにかく「スリに注意」がプラハでは何度も言われました。

232

アップできるような顔画像ではないので(なのでモザイク・・・)

たまには人物も載せないと面白くないでしょう?と勝手に思って、

(いつかよっぽどマシに見えるのは遠目でそのままでcatface

橋の上に並ぶ30の聖人像が凄いです、248

スメタナの曲が聞こえてきそうな美しい景色ヴルタヴァ川
243_5

242

渡りきって、まだまだ歩いて旧市街広場へ

丁度クリスマスマーケットが盛大に行われてました、

ウィーンより盛大でしたよ、是非載せたいけど

まだまだ続くのでsweat01一旦切りますねcoldsweats01

最後までお付き合いくださってありがとうございますheart04

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポーセラーツへ
にほんブログ村

2011年12月27日 (火)

ウィーン国立オペラ座&美術史博物館へ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポーセラーツへ
にほんブログ村

クリスマスツリーも片づけ、慌ただしい年の瀬の感一色sweat01

オーストラリアでは年明け一月もクリスマスの飾り付けそのままだったのに

日本は一斉に年末~お正月モードにsweat02疲れます~catface

そんな中、ポーセラーツのコンクール作品&甥の結婚祝い食器作り

などなど大掃除もせず、旅行の続きも年内に終わらせようと

気ばかり焦ってるわたくしです・・・

で中欧旅行の続き、お付き合いくださ~い(どこまでいったっけ・・・)

ウィーンの中心街は歩いて移動できる距離に観光スポットがあります

午後は自由行動だったので

唯一夫から頼まれていた「ウィーンフィルの年間スケジュール」を求めて

やっと探しあてた「楽友協会」へ(画像これだったかな~?)

小澤征爾氏のCDもあり中はまた素晴らしい建物、でも時間が無くて

ろくに見なかった・・・残念sweat02

111

001

パンフレットも含め3冊もくれました、無料~

これで夫にお土産が・・・でも帰国してわかったのですが

大喜びの夫が・・・「ぜ、全部ドイツ語だ・・・sweat02」=読解不能

そこまで考慮せんかったわ、一番重かったのに・・・

☆その後

国立オペラ座で日本語解説の館内案内ツアーがあり

その時間に間に合うようにウィーンを走る走る私と姉、

毎夜コンサートだったり、オペラだったりバレーだったり

模様されてるとか。

ガイドしてくださった現地の方、またまた日本語堪能

129_2

127_7

Photo115

色んな国の館内ツアーがありました、世界から観光客が来てます。

Photo_6

サロンにはこんな素敵な絵も

約60分くらいかな終わって出口にショップがあります。

少しだけお買いものをして次の目的地「美術史博物館」へ

またダッシュdashなのに途中にあるモーツアルト像

144

観光客が次々写真を(私たちも・・・)

美術史博物館はウィーンを代表する宮殿のような美術館

そのコレクションはヨーロッパでも5指に入るとか。

有名な「バベルの塔」「雪中の狩人」「草原の聖母」などなど

でも館内は写真禁止!でも撮ってる人が・・・

エントランスの階段天井壁は素晴らしいです。

147_5

Photo_8

姉が行きたいと言っていた「音楽の家」

ここは夜もやってるようで、またまたダッシュで辿りつきました。

でも思っていたのと違ってて・・・音楽=音感の博物館?

Photo_10

Photo_11

すっかり夜になってまして「ケルントナー通り」を少しぶらぶら

Photo_12

昼間のリボンがイルミネーションに、凄い人で賑わってます。

通りにある有名な「ホテルザッハ」のティーサロンで・・・

と思いきや満席で、ザッハトルテだけ買って

Photo_13
003

直径10センチもないのに・・・確か16ユーロ≒1700円=高いわ

なのにお客さんがひっきりなし

美味しいんでしょうね、そういえばまだ食べてません

☆そのあと

夕食に間に合うようにタクシーでホテルへ

ウィーンのタクシーは安全明瞭会計だそうです

Photo_14
オーバーブッキングでバスで移動の別のホテルディナーだったので

遅れるわけにはいきません、泊ってるとこよりずっといいホテルでした。

2泊目が終わり明日は「プラハ」へbus

長文読んでくださってありがとうございます。

長いウィーンでしたが次「チェコ」も宜しければお付き合いくださいcoldsweats01


2011年12月11日 (日)

ウィーンのクリスマスマーケット

まだウィーンに留まってます・・・

最初は丁寧で、後疲れてきて雑になるかと思いますので

気長に気楽にお付き合いくださいませ。

いやたまには作品アップもしないと、今焼成中のポーセラーツ

次回あたりアップしますので、生徒さん作品ですが・・・coldsweats01

音楽の都ウィーンの目抜き通り「ケルントナー通り」

ガイドさん添乗員さんも含め41人でぞろぞろ歩き

Photo

スターバックスもありましたが、流石シンプルな外観です。

近代的な建物のお店もありますが地元では評判が悪く

趣きのある古い建物を大切にしていますね。

Photo_2

至る所でクリスマスマーケットが開かれてます、

私は初めてだったので最初は興味深かったのですが

これから行く国も同じ造りに同じ雰囲気、でも

地元の人はホッとワイン片手に屋台の物を食べて

すご~く楽しんでましたよ、日本の「お祭り=屋台」みたい。

089_3


凄い建物=市庁舎前広場が一番大きいマーケット。

「40分集合で解散~」うわ~大慌てで見て回るだけsweat01

Photo_20

088

091_16

それぞれディスプレイがとっても素敵!

096_2

095_2

086_4

ランチはまたまたバス移動で市内のレストランへ

名物料理「シュニッツェル」=カツレツ&ポテト

キャベツのサラダはヴィネガーの効いた(発酵させてるとか)お味

美味しいですよ身体にもよさそう~

Photo_27

Photo_29

このマスター(?)が旅のレストランで一番感じ良かったわ

左上、ホッとワインを頼んでみました。

赤ワインにお湯、ハーブティー(ローズヒップのような)を注いだ感じ。

099

お店の名前はわかりませんbearing

こじんまりしていい雰囲気でした

このスキンヘッドの方が添乗員のYさんです

掲載OKとってますscissors

また長くなるのでこの辺で中断・・・

ウィーンのオペラ国立劇場に続きます、ザッハトルテもheart04

2011年12月10日 (土)

中欧ヨーロッパの旅=ウィーン編その②

11月26日観光第一日目は

神聖ローマ帝国の皇帝ハプスブルグ家のおひざ元、芸術の都、音楽の都ウィーン。

少し郊外に位置する「シェーンブルン宮殿」

朝8時、総勢40名の観光バスで移動、

現地通訳ガイドの方の流暢な日本語の

詳しい歴史や色んなエピソードを聞きながら各部屋を観光

館内は撮影禁止でした。

Photo_9

ハプスブルグ家の夏の離宮として17世紀末に造営が始まり、

外壁は女帝マリア・テレジアン・イエロー

(以前のうちの外壁と同じ様な色confident

内部の装飾も素晴らしく、丁寧な復元がされてると思いました。

Photo_10

正面広場ではクリスマスマーケットの準備が、見たい!

でもこれからたくさん遭遇するから、とガイドのクロースさん。

下は建物正面脇の階段、黒のアイアン手すりも素敵です!

Photo_7

ウィーンの離婚率はなんと67%とか

色々興味深いガイドをしてくださったクロースさん。

池袋で初ホームステイをしたそうですよ、日本語ぺらぺら!

でも奥さんはオーストリアの方だとか。


Photo_8

正門のアイアン飾り、ペインターとしては見逃せない装飾heart04

2時間位の滞在で次はバスでウィーン中心街へsweat01

Photo_11

中心街はトラムという路面電車が走っていたり

観光馬車が優雅に通っていたり、さほど広くはなく

ぐるり世界遺産の建物に囲まれた、美しい街です。

Photo_12
上は600年の長きにわたりハプスブルグ家が居城した「王宮」

部屋数は2500以上あって皇妃エリザベートの博物館もあるけれど

見学できるのは建物のごく一部とか。

その下の写真は王宮の左手に続く、公邸・・・だったか・・?

パパっと写真を撮ってバスですぐ旧市街へ

Photo_13
旧市街のほぼ中央にありウィーンのシンボル的存在「シュテファン寺院」

この黒のは砂岩でモザイクのように造られているのが

カビで黒くなっているそうです。歴史を感じるいい色。

でも修復して真っ白の場所があったり・・・

これも写真だけの素通り、この後

歩いてすぐの「ケルトナー通り」へぞろぞろ移動

長くなるので中断させていただいて・・・

まだまだ続きますが、懲りずにまた見に来てくださいねcoldsweats01

2011年12月 8日 (木)

中欧ヨーロッパ8日間の旅=その①ウィーン編

11月25日から12月2日まで

中欧ヨーロッパ5ヶ国周遊8日間」の旅に姉と行ってきました。

8日間で5ヶ国sweat01ホント駆け足の日本ならではのツアーです。

ご興味のある方はお付き合いくださいませ。

先ず11月25日朝成田H社ツアーカウンターに集合

なんと白髪まじりの方多し、なんとなくテンション下がるね、と

姉とヒソヒソbearing(団塊の世代以上のご夫婦が多く、自分たちは若いつもりsweat02

なんせ添乗員同行、ウィーン直行便、全食事つきの格安ツアー

人気あったみたいで39人の2グループですって!

前置きが長くなりましたが

約12時間のフライトでオーストリアのウィーンに到着

(ウィーンはドイツ語、よく掲示されてるヴィエナは英語って知ってました?

私、知りませんでした・・・)

Photo
初めてのオーストリア航空、カラフルな機内

空港は小さくこじんまり、バスに乗り込む途中現地はもう夕方

小雨が降り霧で視界も悪く、そのままホテルに直行、

で今日は終わりでした、

宿泊ホテルは「アパートメントホテルウィーン」

アパートメントという位なので郊外で部屋は広かった

Photo_3

どういう訳か超手ぶれでごめんなさい・・・

早速散らかしてますが、キッチンも付いてて

長期滞在型のBランクのホテルsweat02

朝食はビュッフェ式チーズも種類があってまずまずでした。

Photo_4
質素なロビー、     質素なホテルレストランでの朝食

突っ立てるのは・・・質素なわたくし・・・sweat02

2日目8時出発(団体は朝が早い)バスであのシュエーンブルン宮殿へ

続きは次回にします、また見にいらしてくださいねheart04

             tv

話変わりますが、「家政婦のミタ」、

初回から観てます、凄い視聴率になって、

だんだんはまってしまうドラマ・・・

それが今日生徒さんから聞いたのですが

なんと撮影のあの家、「あざみ野」だそうです、近い!

こういうのはお教室ならではの情報ですねcoldsweats01

場所も聞いたのでミーハーな私は早速見にいってきます。

それも近々アップしますねsmile

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイントへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31